クリニックの開業にかかる初期費用はこれくらい

クリニックの開業を目指す際にまず大きな問題になるのは資金調達についてです。「開業医として勤めている間に数千万円など貯金が出来たから大丈夫だ」と思っている人も時折見られますが、実際にはクリニックの開業で数千万円というのは十分すぎると言えるほどの金額ではありません。確かに一般企業の開業であればそれでも十分なのですが、クリニックとなるととにかくお金がかかります。例えば一般的に開業費用が節約できる心療内科の場合でも、土地や建物に1000万円、それに検査用のベッドや椅子、内装などを揃えていくとさらに500万円ほどと1500万円ほどが必要とされています。さらにお金のかかる内科である程度の病床数も確保するとなると土地だけで3000万円、設備にさらに3000万円で6000万円などが必要になりますから、診療科目によっては5000万円以上、1億円などの規模の投資が必要になると考えておきましょう。

クリニック開業に必要な資金の平均額とは

クリニック開業の際に「必要な資金の平均額はどれくらいなのか」という疑問を持つ人は少なくありません。実際のところこの金額という要素は開業を目指すエリアの土地相場や診療科目によって必要になる設備投資費などによって大きく変わるため何とも言えない部分があるのですが、おおよその診療科目において「これくらい用意しておきたい」と言えるのは5000万円という数字です。これは開業資金のみ、つまり開業後の生活費は除外した数字であるということには注意が必要ですが、5000万円ほどあれば最低限のクリニックを開ける可能性は十分あります。ただ病床数の多い内科・外科、必要機材の多い眼科などの場合はこの1.5~2倍くらいの予算は必要になりますから、「平均額は用意したから大丈夫だ」と甘く考えず、金銭面は細かすぎるくらいにチェックしておくことをお勧めします。

一番安く開業できる診療科目とは

クリニックを開業する際に必要な資金は診療科目によって異なりますが、一般的に安く開業できるとされているのは心療内科・精神科といった、いわゆるメンタルクリニックです。メンタルクリニックはなるべく通院していることを知られたくないと感じる患者が多いという特性上から、人通りの多い目立つ場所で開業するよりはやや落ちついた雰囲気のあるエリアがおすすめされます。こうしたエリアは当然駅前一等地と比べて安い価格で土地が買えますから、相場にもよりますが場所によっては1000万円前後で予算を組むことも可能です。機材に関してもメインとなるのがカウンセリングや会話による治療であり他診療科目で使う高額なものがあまり必要ありませんから、設備投資費も節約可能です。現代では多くの人が精神的な不調を抱えているとされていますから、今後需要も伸びる可能性が高く比較的安く開業できるのがメンタルクリニックであると言えるでしょう。