クリニックを開業するための場所の選び方

クリニックの開業で一番重要なのが安定的にお客さんが来るかどうかというものです。そのためにも場所の選定は極めて重要な意味があります。また、どのような種類のクリニックを開業するかによっても大きく変わります。内科や小児科、眼科、皮膚科、耳鼻科だけでなく、それ以外のクリニックを開業する場合などもその地域にとっては待望のクリニックとなる場合や、同じようなところが多いなど、そうでない場合も考えられます。開業するにあたり、これらのニーズを調査しておくことも大事ですが、自宅からどのあたりにクリニックを開業したいのか、物件がどうなっているのかなど様々なことを想定したうえで準備を進めていくことになり、場所の選び方もこれらの要素が相まって決められていくこととなります。

同じ沿線でもライバルの数に差が見られるケースも

同じ路線でありながら、駅が1つ違うだけでやたらクリニックが多いところと、あまりないところがあるなど、場所によって開業しやすいところ、開業しても苦戦が想定されるところなどがあります。特に最近できたような医療専門のテナントビルだと、空きテナントを埋めるために有利に交渉を進めていくことができます。もちろん、そのテナントに決めるかどうかは同業者がいるかどうかの確認が必要で、わざわざ同じテナントビルに入る必要はありません。あとは駅の利用者数と、どの時間帯に人がよく乗り降りするかということが大事で、あえて営業時間を夜遅くまでにすることで駆け込みでやってくる患者を招き入れることが可能になります。時間帯に変化をつけることで激戦区でも勝ち残ることができる場合があります。

公共交通機関、車での送迎のしやすさなども検討対象に

高齢者の中にはバスなどでクリニックを訪れる人もいます。そして、小児科など子供だけを先行して行かせて、後で迎えにやってくる親などもおり、駅に近いだけでなく、近くにバスが走っているか、それとも駐車場がある場所かなどの部分も検討の材料にしておくことが大切です。最近ではスーパーマーケットなどの中にクリニックを開業するケースも存在します。そうなれば、買い物をしながら、子供をクリニックに行かせるなどのことができるようになります。どのような形でクリニックに足を運ぶのかということを最初に想定し、なるべくそれが実現しそうな場所で開業することが理想的です。機材の関係など、限られた予算の中でいかにいい物件を見つけるか、これによって開業した後の雲行きを左右することになります。