ギモン解決!初めての二重整形

home > 二重整形の情報 > メスを使わない二重整形「埋没法」

メスを使わない二重整形「埋没法」

 美容整形外科クリニックで行われている二重整形手術には一切メスを使わない、いわゆる「プチ整形」となる施術法も存在しています。
「埋没法」という施術法がメスを使わない、二重整形手術です。
埋没法はまぶたに針穴を開けて、その穴に医療用の糸を通してから、皮膚の内側に結び目を作ることで二重ラインを形成するのが特徴です。
まぶたに穴を開ける必要はありますが、まぶたの皮膚を切開することなく、二重のラインを作ることができます。
糸をまぶたに固定するだけの簡単な施術となるので、気軽に受けられるとして埋没法は人気です。
皮膚を切開・縫合するといった手術を行わないこともあり、ダウンタイムがほとんど無いとも言われています。
埋没法の施術当日から洗顔やメイクを行うことが可能です。
施術後に腫れることがありますが、2日から3日程度で自然と引いていきます。
ダウンタイムが無いので仕事をしている人もチャレンジしやすい、二重整形と言えるでしょう。


 埋没法の場合、瞼板法と挙筋法という2つの施術法が行われています。
どちらも医療用の糸でまぶたを固定し、二重のラインを作るのは一緒ですが、糸を通す場所が異なるのが特徴です。
瞼板法はまぶたのすぐ裏側にある、瞼板という組織へと糸を通す施術法となっています。
瞼板法だと施術後に元の状態へと戻したいという場合も、比較的簡単に糸を外すことが可能です。
また埋没法後に切開法を受けたいという場合も、糸を外しやすい瞼板法であればスムーズに施術を行うことができるでしょう。
もう1つの施術法となる挙筋法は瞼板の奥につながった、眼瞼挙筋という組織に糸を通す施術法です。
挙筋法は幅が広くクッキリとした二重のラインを作りやすいと言われています。
このように同じ埋没法であっても、施術法によって効果などに違いが現れます。
医師としっかり話し合い自分に合った施術法で、埋没法を受けましょう。


 始めて美容整形を受けるという場合、どのような流れで施術を行うのか不安に感じるでしょう。
プチ整形であっても美容整形には変わりがない埋没法は、どのような施術の流れで行なわれるのでしょうか。
まず、最初に行うのはカウンセリングです。
カウンセリングでは施術の方法や、どのような二重のラインにするかなどを医師と話し合います。
その後、麻酔となるのですが麻酔はまず、クリーム麻酔と点眼麻酔を使用し、その後に局部麻酔を行うというケースが一般的です。
麻酔が効いてきたら、いよいよ施術となります。
施術自体はとても簡単なものなので、10分から15分程度で完了します。
その後は目元を確認して、帰宅となるのが一般的な流れです。
施術時間も短く、しかも局所麻酔のみで施術を受けられるので、埋没法であれば気負いなく受けられるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る