ギモン解決!初めての二重整形

home > 二重整形の情報 > 二重整形は短時間の施術で完了をする理想的なプチ整形

二重整形は短時間の施術で完了をする理想的なプチ整形

 美容整形手術というとフェイスリフトのような、大幅な若返り手術でダウンタイムも長いイメージがありますが、二重整形は短時間で終わる施術です。
目元の悩みを抱える人は大変多い日本ですが、二重にできる治療方法は短時間の施術ですから、プチ整形として人気があります。
どのような方法で行うのかにもよりますが、糸を使うような方法であれば20分程度で完了です。
日本人特有の一重瞼は切れ長の美人といわれることもありますが、時代的にも現代は二重がくっきりとしていたほうがキュートに見られます。
見た目がその人の印象を決めますし、キレイな方が周囲からも良い印象を持たれたり、異性からもモテやすくなりますので、二重を希望する人は後を絶ちません。
ずっと一重瞼で悩み続けてきた人にとってみれば、プチ整形で長年の悩みが解消をされるのですから、これほど目元の助けになる二重治療はありません。


 二重整形の治療を美容クリニックでした後は、できるだけ目元のことを考えると、穏やかに過ごすようにすることが望ましいです。
普段はお風呂に湯を張ってつかることで、入浴は体を芯から温めてくれて、全身の血液の流れを良くしますので、健康のためにはとても効果があります。
出も二重整形の手術をした当日の夜は、入浴は控えるべき行動の一つであり、身体を入浴で温めてしまうと全身の血流が良くなるためです。
血行が良くなるのは通常の健やかな状態だったら良いですが、この日はまだ美容整形の治療をしたばかりなので、目元にはダメージがありますし晴れています。
もしも入浴をして血流が良くなれば目元にももちろん影響が出ますので、血流が良くなって目元も腫れがひどくなるので、当日は軽くぬるま湯でシャワーをすることです。


 二重整形をするのに皮膚を着る方法だと、傷が残るのでそれが気になるという人は多いですが、糸を使う方法であれば傷はほとんどわからないです。
瞼の筋肉や皮膚に医療用の糸を通しますので影響を受けて、施術を受けてから数日は晴れが出て履きますが、数日もすると自然に腫れは落ち着いていきます。
その日のうちに二重瞼にはなるものの、美しい理想的な目元の二重のラインが完全に完成をするのは、瞼の完治を待つことにもなるので大体4週間後くらいです。
治療方法としても全身麻酔をするような大掛かりな手術ではなく、糸を使う埋没法だったら20分くらいですが、早い時には10分くらいのこともあります。
目元の治療を受けてみたいけれども時間が長くは取れないという人でも、糸の方法だったらほんの数十分で終わるので、時間的にも見自あく的楽です。

次の記事へ

TOPへ戻る