ギモン解決!初めての二重整形

home > 二重整形の情報 > 理想の二重になれる切開法での二重整形

理想の二重になれる切開法での二重整形

 理想の二重まぶたになりたいのであれば、切開法という二重整形を選んでみましょう。
切開法はメスを使って二重のラインを作る二重整形術となっています。
医師としっかり話し合い二重のラインをどのようにデザインするか決めれば、自分が理想としている二重の幅を作ることが可能です。
しかも、まぶたの皮膚を切開して二重のラインを作っているので、切開法の場合は効果が半永久的に続きます。
プチ整形の埋没法だとラインが取れてしまったという人でも、切開法であればクッキリとした二重のラインをキープすることが可能です。
ただ、切開法といっても部分切開法と全切開法と、2つの施術が行われています。
本当に理想の二重まぶたを切開法で作り出すには、部分切開法と全切開法の違いを確認しておく必要があります。


 同じ切開法であっても部分切開法と全切開法では、まぶたの皮膚を切開する幅が異なります。
部分切開法の場合、切開する範囲は1cmから2㎝程度です。
全切開法の場合はまぶたの端から端までを、メスで切って縫合することで二重のラインを作ります。
両方ともまぶたを切開して二重のラインを形成するのは同じですが、切開する幅が異なるので仕上がりにも差が生まれます。
切開する範囲が小さい部分切開法の方がナチュラルな仕上がりです。
全切開法は幅が広い平行二重にしたいという場合に向いています。
さらに全切開法の場合、眼窩脂肪やROOFといった上まぶたにある脂肪も一緒に除去することが可能です。
目の周りに脂肪が多く、腫れぼったい印象だった人も全切開法であれば、スッキリとした目元に変身できるでしょう。


 理想の目元を作りやすい切開法ですが、美容整形の場合は健康保険が適用されません。
ですので、どのくらいの費用がかかるのか不安に感じる人も多いのではないでしょうか。
切開法の場合、部分切開法と全切開法とでは平均金額に少し差があります。
部分切開の場合、両目の施術を行うケースでは約20万円から25万円程度が相場です。
全切開法の場合は両目の施術で約25万円から30万円程度の金額が相場となっています。
数万円程度しか費用は変わらないので切開法を受ける場合は、費用よりもどちらの施術の方がより自分が希望する二重になれるかで選ぶと良いでしょう。
費用の他には施術後のダウンタイムが気になるという人もいるかもしれません。
切開法の場合はメスを使うので、術後3日間程度は強い腫れが出るようです。
その後は徐々に腫れは引いていき、抜糸後はさらに腫れは目立たなくなるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る